うさぎ組

kyon_mm with software

このエントリーをはてなブックマークに追加

テスト戦略をたてる練習としての型 #SWTestAdvent

はじめに

このエントリはソフトウェアテストAdventCalendar2014の6日目の記事です。

http://connpass.com/event/4544/

テスト戦略とは何か?

テスト戦略が何かという定義は「ソフトウェアアーキテクチャとはなにか?」と同じように曖昧なものですが、「チームがテストケース、因子を洗いだし始められる」ようにするためのもの。くらいに捉えるといいでしょう。

例えば次のような項目を考えることがあります。

  • 品質のカテゴリ
  • テスト対象
  • テスト方法
  • 困難度
  • 網羅対象
  • 網羅基準
  • 上記を組合せて出来たいくつかのテストの塊を誰がいつどこでどのように設計、実施するのか
  • 各テストで見つけるバグの件数

練習するパターン

  • MOONGiftというOSS紹介ニュースサイトの最新記事のソフトウェアのテスト戦略をたてる。
  • 普段使っているIDEのテスト戦略をたてる。
  • Life Hackerで紹介されているWebアプリ/スマフォアプリのテスト戦略をたてる。

だいたい上記3つのうちどれかをやっています。頻度的には週に1度くらい3時間くらいかけてやっています。これやっているといろんな知識が増えるし、まずどうやってソフトウェアを把握するのがいいのかっていうのを自分に合った方法を探せるのでいいですね。時間があるときは実際に3件くらいのバグがでるまでテストしています。それで、自分の戦略が正しかったかを確かめていますね。つまり、3件程度のバグを出すのにすごい時間がかかったときは、戦略ミスなわけです。原則としてはできるだけバグを早く見つけるほうがテスト戦略としては正しいわけですから。

マインドマップから始めるソフトウェアテスト

基本から学ぶソフトウェアテスト

ソフトウェア・テスト PRESS 総集編